TOP
----------
隣地との関係や、敷地の中での最適な配置を町並み設計ポイントする

街並みや光の入り方、通風を 考えた区画割

隣地との関係や、敷地の中での最適な配置をし、街並みを考えた設計がポイントです。

多棟分譲の場合、区画割りの工夫により、それぞれの敷地の価値が変わります。たとえば、延長敷地の取り方ひとつで建物の明るさや街並みの雰囲気ががらりと変わります。敷地の価値が上がり、採光、通風に適した最良の組み合わせ提案します。

敷地特性に合わせた建物配置

車のスムーズな出入り、アプローチのしやすさ、部屋の配置を考えて最適な位置に建物を計画します。

駐車スペースは5.5m×5.5mを基本にしています。

 ライフスタイルを提案した プラン

家族により、生活スタイルは色々。さまざまなライフスタイルに合わせたプランづくりをしています。

一棟一棟時間を掛けたプラン

敷地の特性から決まる日当たり、通風、方位を考慮し、時間をかけて最適なプランを提供します。

部屋の通風

たとえば、2箇所の窓は遠く離すなど、通風に考慮した窓の取り方をしています。

生活を考えた収納計画

収納したいものをあるべき場所へ。家事動線を考慮し、使い勝手を考えた収納を提案します。

・シューズクローク

・ウォークインクローゼット

・リネン収納

・納戸

・パントリー